スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- カテゴリー: スポンサー広告   

テープ起こしの良案件の話&ライティングの値上げ交渉

6/5
収入 2,400円

(ランサーズ 2,400円)


bandicam 2014-06-06 19-58-05-971


今月 17,161円


○現在進行中のプロジェクト案件
・クラウドワークス ライティング(車関係)



<収入の詳細>

初めて受けたテープ起こしの支払いが来ました、納品してすぐでした。
サイト制作もそうでしたが、やっぱり初めての仕事は準備や仕事方法等に手間取って大変ですね。

効率化を図るとか以前にソフトの使い方が分からなかったりして・・・
一番難しかったのは、仕事のやり方でした。


言葉をしっかり聞き取りながら打たなくてはいけないので、
まずヘッドホンで音量上げて音声に集中します。

ただ、聞き取ると言ってもその人の喋りがスムーズとは限らないしスピードが変わったり、
間があったりなかったり、早口になったり・・・
特に2人以上が喋る場合にはそうした速度の調整が面倒だったりします。


人によっては、総理大臣とか政治家みたいな、聞き取りやすい間をおいた喋り方をしてくれるんですが、そうじゃない人は大変な印象を受けました。みんな総理大臣みたいな喋り方して欲しい。あの喋り方なら、巻き戻しを頻繁にしなくて済むので凄く便利なんですよね。

むしろその総理大臣喋りであるか否かで料金を変えてもいいんじゃないかと思う程でした。
1分50円とかって行っても、喋るスピードや内容の難しさは変わりますから正直おかしいですよね。
やっぱり文字単価で計算した方が良い気がします、テープ起こし。


<活動の詳細>

テープ起こしを仕上げて、午後に最終チェックをして納品。
お昼すぎでしたが、支払いがすぐにあって満足です。

報酬は2,400円とちょいと安かったのですが、テープの聞き取りやすさや難易度としてはだいぶマシな方だったのではないかと思うし、やり取りもスムーズだったで良かったです。47分で2,400円(手取り)なので、分単価51円です。少なすぎ。ただ、これ以下の単価のテープ起こしなんてゴロゴロ転がっているのでマシな方のようでした。なので、分単価50円以下のものはオススメ出来ません。(手数料抜き計算なので注意)


なんだかんだで、テープ起こしの仕事、楽しい時には楽しいですね。
ネットのニュースサイトか何かに載せるための文字起こしだったんですが、そのネタをいち早く、しかも肉声で知る事が出来るのでそこは凄くうまみを感じます。

何より、同世代(20代中盤)の人たちの対談だったのでかなりためになりました。


まぁ内容は起業家とか、キャリアコンサルタントとかその手のビジネス系でしたけど、内容は簡単な部分を聞くインタビューなので理解しやすかったです。同世代と言う事もありますから、ちょっと若めの人達で、そこまで難しい話でもありませんでした。


触発されますね。

起業家を目指す人へのインタビューだったので、すごくやる気があって、でもその裏の苦労なんかも色々とあって、そんな話を聞いてると自分も頑張ろうって思えました。いい仕事でした。

こう言う話聞けるならテープ起こしも悪くありませんね。
ただ、よくわからない複数人参加型の会議や専門分野が強過ぎるような内容のものはちんぷんかんぷんで退屈でしょうね。内容によって、選んでいくと言うのもありかもしれません。



他の仕事についてですが、クラウドワークスのライティング(車関係)で継続依頼がありました。

継続についての連絡が滞っていたので、大丈夫かな?とこちらから早めに連絡差し上げたのですが、なんとすぐに対応してくれて、次の仕事を出してくれました。やっぱり自分からアクション起こす事って大事ですね、まさかすぐ仕事出してくれると思わなかった。フリーランスは本当に受け身じゃダメだなと思います。


そして、テープ起こしの話が長くなってしまったのですが、こちらについてもちょっと話したい事があります。

なんと見積りの金額アップ交渉に成功しました。


仕事早めにもらっただけでなく、金額アップにまでこぎつけました。
新しい仕事は全然増えませんが、これは良い進展でした。

もし、これからもずっと継続でやるなら・・・と考えていたのですが、こちらから金額に関して値上げを交渉するお願いをした結果、単価が50円かな?上げる事が出来ました。ただ、ちょっと特別な交渉内容で・・・


実際、クライアント側としては単価500円以下(手数料込)を希望していたんですね。

で、自分は最初の頃380円とちょっと安めの見積りで挑戦していたんですが、慣れて来てから400円にアップしてもらいました。それで、そのアップした後に、その単価がシステム手数料込みの金額である事に気付いたんです。素人だったんで、本当に分からなくて、で、実際の手取りは400円ではなくて、345円なんですよね。


で、ランサーズで受けている医療のライティングが手取り560円なので、かなり差があると・・・これはいけないと思ったわけですよ。で、医療記事の金額の事と手数料知らなかった事を理由に含めて交渉しました。そうしたらあっさりとOKとなりました。

おそらく、企業様ではなくて個人でやっている方だからこその柔軟性だと思います。
普通こんなに値上げ交渉上手くいくはずない。


プロジェクトのライティング単価は本当にピンキリだし、まだ相場がつかめていませんが、タスクよりも単価は良いし、内容もやりがいがあるので一応続けています。こう言う、良いクライアント様を少しずつ見つけていく予定です、そしたら月収も効率的に増えるようになるはず。

今は2つのクライアント様しかお世話になっていないので・・・専業にしては少なすぎますよね、量もしょぼいし。

いや~それにしても、良さそうなクライアント様がいないこといないこと。
とにかく単価安いのはもちろんですが、なんか記事内容とか条件とか面倒な事が多いですよね。


単価400円以上で雇ってくれるクライアント様を少しずつ探して行こうと思います。
300円でも書きやすかったらいいかなぁ・・・
Date: 2014.06.06 カテゴリー: 仕事日記  コメント (0) トラックバック (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

ぐうたこ

Author:ぐうたこ
クラウドソーシングの収入で生活している超底辺フリーランスです。Webコンテンツ制作・サイト制作・動画制作等のお仕事しています。

最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数

ツイッター
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。